AoE3 ドイツ使いのドイツ使いによるドイツ使いのための戦術サイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

即交易、即市場

文明対策も書いて書くことなくなったけど適当にコラム的なものをいくつか書いておく

ドイツは初期資源によって即交易,即市場をしていくことが出来る
俺は木材200の際は即交易、木材100,金100の際は即市場をしている
この即交易、即市場はドイツにおいて大きな意味をなす
たいていのオーダーの場合2入り中に両方を建てることは難しい
ただ、進化前に片方建てることによって2入り中に両方そろえることが出来れば、
カード搬送もスムーズになり、市場による効率アップ、資源変換も可能になる
また、木材200の際に即市場を行う方法もあるが、俺は即交易を行う
理由としてはドイツはカードによる対応がしやすいからである
内政を作る、軍を出すなどの対応が楽であり、かつ複数兵種出せる
また、即交易を建てておくことによって探索者が遠くにいる場合や殺された場合にも対処しやすい


2012-01-28 : コラム : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ドイツ各文明対策 vsオスマン、日本

vsオスマン
○全力イェニR
イェニ2小屋や軍カード連打のタイプ
ドイツ側は2で受ける形orFFを使う
2で受ける場合は軍カード連打しつつ耐える
FFする場合は 馬車農民と民兵、進化スカミと軍カードでカウンターする
木材進化していた場合でも偵察し読めたら前哨建築をすると耐えることが出来る

○イェニハサー
2交易からのドイツ潰し鉄板のイェニハサー
ドイツ側は2で受ける形とFFする形がある
 2で受ける形は周辺に資源がないと厳しいと思われる
2で受ける場合は弓槍の編成を取り、ウーランで荒らし続ける必要がある
また前哨や建物配置、馬車農民での防衛もしていかないと受けきるのは難しい
イェニアブスの編成の場合はTC範囲内から出ずにTCショットを当てていけば返すことが出来る
完璧なカウンターが出来れば2で押し込んでもいいが基本的にはどこかのタイミングで3を目指す
 FFする場合は前哨が必須となる
建物配置、馬車農民、軍カードで耐えて3を目指す
3入りさえ出来ればスカミに対馬を追加していく形で対応できる
 どちらにしても相手のミスを誘わないと厳しいため荒らしをしっかりとしていくことが大事となる

○FF
FFに対してはドイツ側も3を目指して対応する
ウーランセミFFか内政FFを使う
2Rを警戒して前哨を建てた場合でもFF後のプッシュを耐えるのに役立つ
イェニファルコに対してはスカミ戦闘馬車ウーランでファルコを狙い、スカミで削る
その後来るイェニマムに対してはスカミを用意しつつ対馬をそろえる
戦闘馬車、ドッペル、槍などを使いTC付近で戦っていく

総括
偵察が大事
相手が交易ブームor海ブーム以外は内政勝ちしているため返せば勝ちと信じてカウンターする

vs日本
○ポル同盟スタート
ポル同盟から内政作って戦ってくる形
これに対してはドイツは槍セミスタートする
槍を動かし社を割り、ウーランで探索者を狙う
3に行ってスカミ戦闘馬車編成を取る
相手が2で戦うようならしばらく軍を貯めて突っ込む
3に行くようなら前に出てスカミでチマチマ押し引きをして優位を取っていく

○鎖国スタート
ドイツがつらい鎖国スタートの展開
鎖国スタートから軍カード連打のパターンが多いため内政弱いと思われがちだが
実は鎖国はかなり応用が効くため難しい
ドイツ側は同じく槍5を生産
鎖国を偵察し、市場で資源調整をして弓を5or10程度生産する
プッシュしてくるようなら民兵、馬車農民を絡めて耐える
3入り後はスカミ戦闘馬車編成を取る
ここからは相手の今までの軍量や動きを見て押すべきか
貯めていくべきかを判断する必要がある

○即4
ポルスタートから自陣近くに社を建て、4行く形
即4に対してはドイツも4に行き、重カノン濁を行っていくのがいい
即4を偵察で察知
内政をしっかりと作りつつ4を目指す
木材1000を切って内政を整える
4入り後は工場を連打して重カノンを生産
戦闘馬車重カノン編成を取りじっくりと押し込んでいく
相手のTC具合、資源状況などをしっかりと見ていくことが重要
山伏,和弓,流鏑馬編成が予想されるためしっかりと戦闘馬車で大砲を護衛してあげる必要がある


総括
同盟をしっかりと見てから対応を変化させていく
スカミをきっちりと作りつつ相手の編成に対応していく
社を割るのは意外にダメージがあるためきっちりと割っていこう
安全に4に行けそうなら4で重カノンを主体にしてあげると押しつぶしやすい
2012-01-19 : ドイツ各文明対策 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ドイツ各文明対策 vsドイツ、アステカ、イロコイ

vsドイツ
ドッペルを基本として編成を考える
相手がどういう形なのかを考える
相手より内政を作るのか、軍を出して押すのかをきっちりとする
偵察をきっちりとすることが鍵となる

総括
実力が試される
ドッペルは必須
相手の編成によっては酒場が活躍する場合も…


vsアステカ
○2R
槍マセコヨーテでプッシュしてくる形
ウーランセミFFをしてチュートンを切っておけば楽
3入り後はウーランドッペルスカミで押していく

○コヨーテ10スタート
進化後コヨーテ5カードとコヨーテ生産をしてプッシュしてくる形
この戦略にウーランセミFFをしていくと3入り資源を貯めるのが大変なため2で戦う
ドッペルウーランの編成を取り、プッシュしてきた際に包みこんで押しつぶす
そのまま2で押しつぶすのが楽

総括
コヨーテ10スタート以外にはウーランセミFFで安定
チュートンが入れば2の軍は怖くない
ドッペルに弱いため活用しよう

vsイロコイ
○2R
即カンヤからのトマR
普通にFFしてしまうとTC割られてしまうため一旦2で受けるか前哨で耐えて3に行く必要がある
 2で受ける場合には弓をメインで作りカンヤはTCショットでしのぐ
生産までしてくる場合は槍を作ろう
ギリギリまで軍カードを切らずに内政をして物量で押し切ろう
 3に行く場合は前哨と建物配置に注意する
相手が強めのプッシュをしてくる場合は返せさえすれば勝てると考え
前哨追加や馬車農民を盾に使う
3入り後軍をためれれば勝ちパターン
どちらにしても荒らしをしてごまかす必要がある

○FF
FFをするようならドイツもFF、ウーランセミで戦う
フォレストプロウラーが強いためスカミ勝負にはあまり持ち込みたくない
トマの近接対馬が強いためトマだけ削り取ってウーランで突撃していく

○セミFF
即カンヤから3を目指す形
こちらもウーランでセミFFしよう
ウーランで荒らしを防いで内政を作っていけばFFと同じような展開に持ち込んでいける
トマの近接にだけ注意

総括
大抵は2Rを返せるかどうかのゲームになる
建物配置を工夫して妨害されづらいようにしていく
荒らしのごまかしが大切
2012-01-15 : ドイツ各文明対策 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ドイツ各文明対策 vsロシア、イギリス、中国

vsロシア
○14人進化マスケコサックプッシュ
全力Rのような形
ドイツ側はFForウーランセミFFで対応する
プッシュが激しい場合はチュートンや軍カードを切って耐える
3にいけばスカミの射程差を生かし対馬に気をつけるだけでいい
民兵、馬車農民をしっかりと活用しよう

○17人進化タイミングプッシュ
17人進化でドイツが3入りするタイミングで押し込んでくる形
ドイツ側は内政FFで対応する
相手が守って内政する場合ではウーランは生産しないほうが楽
3入り後は建物配置、馬車農民、民兵、軍カードすべて動員して返す
落ち着いて軍を貯めて押し込む

○コサック濁
全力コサックで閉じ込めてくる形
ドイツ側はウーランセミFFを使い、守り気味に進める
馬車農民をこまめに出し入れし資源をきっちりと取っていこう
コサックをウーランに当ててくるようなら民兵、馬車農民を使って耐えていこう
3入りして馬車を出すまで耐える

総括
プッシュが来ることが予想されるためしっかりと馬車農民を活用する必要がある
3入りし軍を貯めれればスカミ戦闘馬車で射程を生かし優位を取れる
偵察をしっかりとし優位を取る必要がある

vsイギリス
○マスケハサー
マスケとハサーで持続的なプッシュor3入り直後を狙ってプッシュしてくる形
ドイツはFForウーランセミFFを使う
荒らされないように耐えつつ3入りしてスカミ戦闘馬車

○ハサーセミ
ハサーでセミって軍で耐えて内政勝ちを狙ってくる形
ドイツはウーランセミFFを使う
荒らされないように耐えつつ3入り
ここからは完全に相手の編成次第で編成を変える必要がある
序盤はスカミ戦闘馬車の形を取り押していく
その後LBが増えてくるためウーランを生産する
相手の動きがうまいと正面で押しつぶすのがつらいため資源地を押さえていくのが大事
LBは軽騎兵に対し強いが重歩兵に対してボーナスが低いため、
LBが多い際の対馬は戦闘馬車よりもドッペルを頼るべきである

総括
荒らしをしっかりとする
相手の編成を偵察ししっかりと軍編成を考える必要がある

vs中国
○即3
FFして軍カード連打というドイツと似たタイプ
ドイツ側は内政FFをする
まずはスカミ勝ちをし、そこからドッペル、戦闘馬車と対馬を増やしていく
内政は負けていないためジリジリと押し込んでいく
ウーランで荒らしもきっちりとする

総括
スカミ勝ちが絶対
対馬はドッペルと戦闘馬車どちらも使うといい

2012-01-13 : ドイツ各文明対策 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ドイツ各文明対策 vsオランダ、ポルトガル、インド

vsオランダ
○FF
銀行を2~4建ててのFF
これに対してはドイツ側はウーランセミFFで戦う
オランダ側はスカミ槍ロイテル、ハサーロイテルなどが考えられる
前者に対してはスカミウーラン、後者に対してはスカミ馬車の編成を取るのが楽である
相手が対馬に寄せている場合はスカミ勝ちを、スカミに寄せている場合は馬でひき潰しを狙っていく
スイスパイクに注意

○槍セミFF
槍で守ってから銀行を2~4建ててのセミFF
これに対してはドイツ側は内政FFで戦う
槍に対してムリに荒らす必要はなく内政で勝負していこう
スカミ馬車の編成を取り押し込んでいこう
スイスパイクに注意

総括
ウーランセミFFをしてスカミ戦闘馬車で押し込む
しっかりと内政作れば内政差はあまりないため焦らない
スイスパイクに注意

vsポルトガル
○FF
TC隣接させてのFFスタイル
これに対してはドイツは内政FF、ウーランセミFFを使う
農民をしっかりと閉じ込めつつ3入り
スカミ戦闘馬車で押し込む
マムと浪人に注意

○FI
TC隣接させてのFIスタイル
これに対してはドイツはFFと同じように対応していく
相手が軍生産などをしている素振りがなかったら資源を封鎖しつつ軍量を貯めて押し込む
大量の民兵が出てくるが大民兵or通常民兵2個以上出てきたら引いていく
民兵を出させ、資源を使わせて4入りを遅めたり4入り後の体制を整えさせないようにする
4入り後は資源に余裕がなく軍カード程度の反撃だと思われるため押しつぶす

総括
中途半端なプッシュは禁物
しっかりと内政を作り持続的な妨害をしていく
民兵を出させたのも妨害と考える
どうしても守りが堅い場合は4に行き、スカミ戦闘馬車重カノン編成で押す

vsインド
○12セポイR
10人アグラからの12セポイのR
ドイツ側は内政FForウーランセミFFをする
前アグラからのプッシュを読んだら木を買い、前哨を1つ建てる
ウーランで荒らしつつ3を目指す
その後はアグラスルーできるようならスルー
出来ないようなら軍をしっかりと貯めてプッシュ
相手が3入りの場合はためすぎると3の強力な軍が出てくるため注意
スルーできない時は荒らしをきっちりとしていないと厳しい展開になりがち

総括
相手の動きの偵察が大事
基本的にこっちも内政を作り
時間をかけすぎるとつらいためピークタイムで押し込む
アグラ周りに大きな財宝があったら誤爆させておくことも大切
アグラスルーできるならアグラスルー絶対!

2012-01-08 : ドイツ各文明対策 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

raisyo

Author:raisyo

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。